あけましたね。2021🎍

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、2020終わっちゃいましたね。わたしのはなしですが、背骨はうたうの公演が2019の中旬に終わり、「あぁ終わったぞ!一度ゆっくり過ごしたり、周りの景色を眺めよ〜。」とか思ってマイペースに過ごしていたら、突然コロナがやってきて、流されるまま時間が流れ、忙しい日々が終わり、いつもより静かな時間を過ごすようになり、オンラインでのレッスンを始め出てみたり、変化のときを流されるままあれよあれよと過ごしていました。

結構激しかった流れるプール(としまえん)の上を浮き輪で浮いてとりあえず楽しむ。みたいな。

そこから2020夏くらい「まおちゃんうちのカフェで週一働かない?」と言うお誘いと、2020秋くらい「うちのお父さんの合氣道の朝練こない?」と言うお誘いで、この二つを初めることに。また新たな学びと暮らしのリズムがスタートしたのです。わたしとって大きな第一歩でした。

ダンスしたり歌ったりピラティスしたり。何なの?「ダンサーです。」「歌手です。」「ピラティスインストラクターです。」全てしっくりこないわたしは社会の中のどこにハマったらいいのか。いつも悩んでいて、大人になって気にしていない振りをして結構気にしていました。

でもなんだか、合氣道とカフェ店員をしてる自分がしっくり来ちゃって、吹っ切れました。

わたしはわたしでいい。但し、背伸びもせず、「わたしなんて、どうせ。」もせず。身の丈。を常に吟味する必要がある。

わたしではないこと。はしない。

この覚悟をやっとしたなと。やっと氣付いたか。この人は。と天で誰かが見下ろして笑っているような。

そんな感じで、2021始まりました。

歌もダンスも身体の研究も、私の存在感も、きっと全て人の五感や感性に寄り添っていたくて、人間の自然性を見つけたいんだと思うんです。だから肩書きを強いて言うなら、“背骨翻訳家”かな。と今日ふと思いました。

2021年はもっと、ごまかさないで、シンプルに、自分に還っていけたらな。

そう願います。

どうぞ、よろしくお願いいたします!

投稿を作成しました 25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る