ABOUT

Osono (園原 麻織 MaoSonohara)

「身体は海、背骨はうたう」をコンセプトに活動している。

活動形態はピラティス・ダンス・音楽とジャンルを問わない。

“SinginSpines” the concept of Osono’s life work.

Based one this concept,

she work as Pilates Instructor, Dancer, Singer Song Writer.

東京都出身。

中学1年時から富士見中学高等学校ダンス部に所属し、

日本女子体育大学主催創作ダンス全国大会において

高校2年時に群舞部門で最優秀賞を受賞

高校3年時にはソロ・デュオ部門最優秀賞を受賞する。

同校卒業後、

日本女子体育大学舞踊学専攻入学

在学中から劇団万有引力出演や、

エンターテイメントのショーに出演

またNHKの番組デジスタティーンズに出演映像作品「じゃこのうた」を川村美紀子と共作し評価を得る。

卒業後、ポールスターピラティスの流派の資格を取得し、都内スタジオでピラティスインストラクターとして活動を開始。

同時に2015年演出家で俳優の花房徹の人生最期の企画に参加し、

アメリカのサンタモニカで路上パフォーマンスを行い好評を得る。

同年幼少期から続けてきた作曲活動をOsonoとして開始。

2018年ファーストアルバム「Osono」を発表。

2019年5月 ソロライブ @吉祥寺 暮らしと食べごと ふたつの木

2019年6月 ソロライブ @葉山 wioli

2019年11月 「背骨はうたう」主催・演出・出演 @せんがわ劇場

独特の世界観や透き通るような歌声には定評がある。


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る