ABOUT

Osono (園原 麻織 MaoSonohara)

「身体は海、背骨はうたう」をコンセプトに活動している。

13歳からダンスを始め20歳からピラティスを始め、身体の旅は続く。

最近では身体で感じとった”何か”を音として残すことが多い。

“SinginSpines” the concept of Osono’s work.

she work as Pilates Instructor, Dancer, Singer Song Writer.

For her, she have felt “something ” through her body, and then put them into her music and sometime add her dance and the other works.

東京都出身。

2002年 13歳から創作ダンスに夢中になり身体表現の世界に浸かる。そのまま大学は舞踊学専攻へ。

2011年 ピラティスに出会い、身体の勉強を始める。

2014年 ピラティスインストラクターとして都内スタジオで活動を始める。

2015年 愛犬の死がきっかけで幼少期から続けてきた作曲活動をOsonoとして開始。

2016年 初のソロライブ @参宮橋 月がすこしでも長くいてくれますように喫茶

2018年ファーストアルバム「Osono」を発表。

2019年5月 ソロライブ @吉祥寺 暮らしと食べごと ふたつの木

2019年6月 ソロライブ @葉山 wioli

2019年11月 「背骨はうたう」主催・演出・出演 @せんがわ劇場

その他様々なイベントに出演。

独特の世界観や透き通るような歌声には定評がある。


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る